交通事故の後遺症、まずは弁護士に相談が重要

交通事故で怪我をして後遺症が残った場合、生活に支障をきたすほどの不便を感じているにも関わらず、適当な慰謝料などを請求して受け取る事ができていない事があります。

これは、後遺症に関する書類をそろえる時に、記載されている内容がしっかりしていないと、自分が感じている不便な後遺症が記載されていないなど、診断書作成時に問題がある事があります。自分で、診断書を見て判断するのは、かなりハードルも高く、わかりづらい点もあるだけでなく、後遺障害の認定を行う際に、必要な検査などが不足している場合もあるため、慰謝料の金額を決定する際に必要な事などを事前にレクチャーしてくれる、弁護士の存在は必要不可欠ともいえます。

弁護士など、交通事故に関する交渉のプロの場合、たくさんの書類を見ているため、後遺障害認定に必要な検査の有無や、記載事項の事前確認をする事ができるため、自分ではわからなかった点などをしっかりと確認してサポートしてもらう事ができます。

後遺障害の認定に不服申し立てをする事も可能なため、後遺障害の認定を受けて後でも、書類等を見てもらい、等級変更の相談などをする事も大切です。

不服申し立てで等級変更が可能といっても、やはり2度手間になる事を考えると、交通事故被害にあった場合、早めに弁護士に相談する事が大切です。